おおつち新山高原ヒルクライムについて

大会理念

“再生”、”創生“、”共生“を掲げます。
○ 再生・・・東日本大震災以前のような新山つつじの再生
○ 創生・・・震災からの復興、創生途上の大槌を知っていただくこと
○ 共生・・・三陸エリア広域連携、県内広域連携
そして大槌町の海~川~里~山の自然の美しさとおもてなしを、本大会を通じて届けるとともに、大会を継続することにより、復興の確実な進捗を知っていただき、これまでの支援に対する感謝の気持ちも届けたいと考えております。あわせて自転車をコンテンツとした三陸ツーリズム振興と県内で開催されるヒルクライム大会との連携を通じて交流人口拡大をはかるひとつの契機になることを期待しています。

主催: おおつち新山高原ヒルクライム実行委員会

共催: 大槌町、一般社団法人大槌町観光交流協会

後援(※1): 大槌町教育委員会、大槌町体育協会、公益財団法人岩手県観光協会、公益財団法人岩手県体育協会、岩手日報社、読売新聞盛岡支局、朝日新聞盛岡総局、毎日新聞盛岡支局、岩手日日新聞社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、岩手県サイクリング協会、宮古サイクリング協会、釜石トライアスロン協会、大槌町社会福祉協議会、釜石医師会
※敬称略

協賛(※1): 松村建設株式会社、有限会社岩間建設工業、大槌商工会、有限会社後藤採鉱所、株式会社藤原組、有限会社八幡組、有限会社さんずろ家、株式会社ユーラスエナジー釜石、株式会社ベルエキップ、株式会社ゼネラル・オイスター、株式会社浪板観光ホテル、さんりく中央保険事務所、株式会社トヨタレンタリース岩手、株式会社山千、ファミリーショップやはた、植田医院、六串商店
※敬称略

協力(※1): 大槌陣屋
※敬称略

※1 前回大会(2019)のものです。

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。